ホフ青山 マクロビオティックコースのご説明

マクロビオティックとは・・

陰陽五行や真土不二にのっとった、主に玄米を主食として、その土地の旬の野菜を副食とする、穀物菜食を基本と
した食事法です。日本が発祥ですが、現在では主にハリウッド・スターの間で
「クシ・マクロ」に注目が集まり、
それが逆輸入的に日本で注目を集め始めています。

ホフ青山は、マクロビオティックの食事法に絶対欠かすことのできない「皮ごと食べても安全」で「その時の旬のもの」で
「生活する場所(国産)で育った野菜」をお届けいたします。

マクロビオティックの食事に欠かすことが出来ないものは、

「安全な食品」
です。「安全な食材」と言ってもいいでしょう。

口にする食品・食材が「オーガニック」であることに心がけ、

陰と陽のバランスを保って調理をします。

なぜかというと
、「食材を丸ごと全部」いただいて、その食品・食材が

持っている栄養を余すことなく吸収することがマクロビオティックの

基本だからです。だから、
基本的に野菜の皮は剥きません

皮は農薬の問題などを考えても剥いて調理するほうが安全と

されていますが、マクロビオティックでは、皮も「食べること」が

当たり前です。

その為、食材は安全なものでなければなりません。

ホフ青山のマクロビオティックコースは、マクロビオティックの

世界的指導者である
久司道夫先生の公認をいただいております。

あらかじめ、マクロビオティックで、できるだけ避ける

「陰性」の野菜を予定品目から除き(ご希望によりお入れ

いたします)、それら陰性野菜は「一番の旬」の時に厳選して

お届けいたします。

通常は、玉ねぎやキャベツ、人参ごぼう、南瓜など、マクロの

常備野菜を中心に、毎週10〜15品をお届けいたします。


また、ご希望によって、調理の基本となる
天然塩や、

その塩で漬けた
昔ながらの梅干し、主食となる玄米も無農薬や

電子栽培のものを多種ご用意いたします。

ホフ青山は、自ら現場に足を運び、納得のゆく野菜のみを

お届けしております。

普段から定期的に生産者と連絡を取り、畑に向かい、

成長を見届けてきたものを優先的に選んでおります。そのため

天候などの理由により予定していた品目が欠品の場合もありますが、

その時は納得のゆく別のものをご用意してお届けいたします。

会員の皆様に納得していただける、最高級の野菜をお届けするために、

そして、その野菜を美味しく食べていただけるようにと思っております。

★梅干し、お米等は宅配のメニューには含まれません。別途ご注文いただくことが可能です。
★時期によって、特定の野菜が海外産のものとなる場合がございますが、栽培方法は減農薬の
ものです。







ホフ青山のマクロビオティックコースは、
世界的なマクロビオティック指導者ので
ある久司道夫先生の公認をいただいて
おります。

設定コース


そのほかのコース設定はこちらから